【徳島製粉】金ちゃん徳島らーめん食べてみた!袋麺で徳島ラーメンが味わえる!?豚骨醤油味で美味しい!

スポンサーリンク

徳島製粉さんが製造している「金ちゃん徳島らーめん」を食べてみました!
食べてみましたと言いながら、もう何回も食べているのですが。笑

金ちゃんラーメンシリーズはもう何回も記事を書いているのですが、まだまだ商品があります。なので、まだまだこのシリーズ記事は続きます。笑

さて、この「金ちゃん徳島らーめん」はどんな特徴があるのでしょうか。
買う前にどんな商品が知りたいという方は、是非この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

それでは、早速見ていきましょう♪

製造者

徳島製粉株式会社

■本社
徳島県徳島市南二軒屋町3丁目1-8

■工場
本社工場、小松島工場

■創立年月日
1943年(昭和18年)1月

パッケージデザイン

表袋のパッケージデザインはこのような感じになっています。
暖色系の色調で食欲をそそりますね♪

裏袋のデザインはこのような感じになっています。

価格(5食入り1パック)

希望小売価格:440円(税抜)
スーパーなどではおおむね、5食入り1パックで300円〜400円ぐらいで売られています。

created by Rinker
徳島製粉
¥2,519(2021/09/27 03:09:00時点 Amazon調べ-詳細)

重さ

重量はおおよそ115gとなっています。

原材料

■油揚げめん
小麦粉(国内製造)、ラード、植物油脂、食塩、しょうゆ、蛋白加水分解物

■スープ
肉エキス(チキン、ポーク)、食塩、粉末しょうゆ、香辛料、糖類、酵母エキス、蛋白加水分解物、昆布粉末、野菜エキス、魚介エキス、植物油脂

栄養成分(1食:106g当たり)

エネルギー:475kcal
たん白質:10.7g
脂質:18.3g
炭水化物:66.8g
食塩相当量:6.4g(めん:2.3g、スープ:4.1g)
カルシウム:163mg

製品に含まれるアレルギー物質

乳成分、小麦、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン、ごま

徳島らーめんとは

濃い色が特徴のスープは、「見た目こってり後味すっきり」の豚骨醤油味。軟らかめの中細めんとよくなじみます。

具材の決め手は、甘辛く煮付けた豚の薄切り肉。生卵を落として食べるのが地元の味わい方です。

開封

それでは開けていきましょう〜!

開けると、乾麺と粉末スープ袋が入っていることが確認できます。

粉末スープ袋を取り出してみました。

乾麺はこのような感じです♪

粉末スープはこのような感じになります。

沸騰したお湯に、乾麺を入れて約3分待って〜。

出来上がりました♪

アップにするとこのような感じになります。

今回は、ありのままの「金ちゃん徳島らーめん」のレビューとなりますので、豚肉や生卵、メンマ、ネギなどのトッピングは入れませんでした。

レビュー(感想)

徳島らーめんと言えば、この茶色の豚骨醤油になります。
美味しい♪

麺の硬さはお好みですが、私は2分ぐらい茹でる感じ好みです。

味は醤油ベースでしっかりとした味付けとなっています。
ほんのり甘みがあるスープで麺との相性も良いです。

また麺の量もしっかりとしていて、食べごたえもありますよ。

ひとり言

今回はなにも具のトッピングをしなかったので、またいつか具を乗せたバージョンの記事を書いてみたなあと思います。

徳島らーめんと言えば生卵ですが、それも乗せていませんし。

あと、徳島らーめんはご飯に合うラーメンなんですよね。
東京に住んでいるとラーメン・ライスに驚かれたりすることもあるのですが、美味しいんですよね。

ラーメンに豚肉、メンマ、ネギとか乗ってると嬉しくなります。

では最後に袋にも書かれていますが、何回食べてもうまいんじょ♪

created by Rinker
徳島製粉
¥2,519(2021/09/27 03:09:00時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました