オレンジジュースの効果について簡単解説!8つのメリットと4つのデメリットとは?

管理人の日常
スポンサーリンク

先日、久々にオレンジジュースが飲みたいなあと思って買ったのですが、そう言えばオレンジジュースの効果って何があるんだろふと思い調べることに。

この記事を読んでいただいてる多くの方も、オレンジジュースの効果について疑問をお持ちなのではないかと思います。

この記事では、そんなオレンジジュースの効果についてまとめ、メリット・デメリットについて分かる内容となっていますので是非、読んでみてください。

読み終わる頃には、オレンジジュースの以外な側面に驚くことになるでしょう。
それではどうぞ!

オレンジジュースに含まれる栄養素とは

オレンジジュースに含まれる栄養素で有名なものは、「ビタミンC」と「カリウム」になります。その他に「葉酸」や「クエン酸」も含まれており、これらの栄養素が様々な効果をもたらしてくれます。

簡単に説明すると各効果は以下になります。

■ビタミンC
活性酸素のはたらきを抑える効果が期待。
活性酸素は、皮膚や粘膜を劣化させる原因の一つとも言われているので、このはたらきを抑えることで、免疫力を上げる効果が期待できるそうです。

■カリウム
カリウムは余分な塩分を排出するはたらきがあり、塩分の摂りすぎなどを調整してくれることにより、高血圧の予防や改善の効果が期待できるそうです。

■葉酸
葉酸には赤血球の生産を助けるはたらきがあり、貧血を予防する効果が期待できるそうです。

■クエン酸
クエン酸は血液をサラサラにして血流を良くしてくれる効果があるとされています。

オレンジジュースの8つのメリット

上記でオレンジジュースに含まれる主な栄養素について説明しましたが、その栄養素がもたらす様々なメリットについてまとめてみました。

免疫力を上げる

ビタミンCによって活性酸素のはたらきを抑える効果から免疫力アップにも繋がるそうです。

加えて風邪の原因となるウイルスや細菌は、体内で白血球により退治されるのですが、ビタミンCはこの白血球の機能を強化するはたらきをもっているそうで、それが風邪対策に役立つと言われています。

疲労回復

オレンジジュースにはもちろん糖質も含まれているわけですが、この糖質とビタミンCが疲労回復に効果があると言われています。

ビタミンCには疲労回復に効果がある鉄分の吸収を助けるはたらきがあるそうですね。
疲れたときにオレンジジュースを飲みたくなるのは、自然と体が反応しているのかもしれませんね。

高血圧予防

先程も説明しましたが、オレンジジュースに含まれているカリウムには身体から余分な塩分を排出するはたらきがあるそうです。

高血圧の原因の一つとして塩分の摂り過ぎが例として挙げられていますので、この効果にオレンジジュースが役立つと言われているのでしょう。

貧血予防

葉酸による赤血球の生産を助ける作用と、ビタミンCによる鉄の吸収率を上げる作用が合わさって貧血予防に役立つとされているそうです。

肌の健康をサポート

ビタミンCには、活性酸素のはたらきを抑える効果以外にも、コラーゲンの生成をサポートするはたらきがあるそうで、このはたらきよって肌の健康をサポートしてくれるとされています。

老化対策

活性酸素が体内で増えると、皮膚や粘膜を劣化させ老化やしみ、しわなどの原因になるのですが、この活性酸素から細胞を守るはたらきがあるとされています。

むくみ対策

むくみの原因の一つに、体内のナトリウムが増加することで、この濃度を薄めようと水分が溜め込まれる作用が影響しているようです。

オレンジジュースに含まれているカリウムを摂取することで、このナトリウムが排出されやすくなるため、むくみ対策に効果があるとされているそうです。

血流対策

オレンジジュースに含まれているクエン酸には、血液をサラサラにしたり、血流を良くしてくれる効果があるとされているそうです。

オレンジジュースの8つのメリット
  • 免疫力を上げる
  • 疲労回復
  • 高血圧予防
  • 貧血予防
  • 肌の健康をサポート
  • 老化対策
  • むくみ対策
  • 血流対策

オレンジジュースの4つのデメリット

上記のようにオレンジジュースには様々なメリットがあるとされていますが、その逆にデメリットもあります。

結論、飲み過ぎには注意です。
これはなにもオレンジジュースに限らず、全ての食べ物、飲みものに言えますよね。

下痢、腹痛

オレンジジュースに含まれるビタミンCは、メリットで説明したように体に良い部分もあるのですが、飲み過ぎてしまうと吸収されなかったビタミンCが下痢や腹痛などの胃腸障害を引き起こす原因になる可能性あるそうです。

つまりオレンジジュースを沢山飲んだからといって、その全てを吸収しきれないということです。

虫歯(糖質の過剰摂取)

オレンジジュースにはもちろん糖分も含まれているわけなので、飲みすぎることで虫歯リスクは増加します。糖質の過剰摂取にも繋がるでしょう。

食物繊維が取り除かれている

これは果物のオレンジをまるごと食べるのと比べて、食物繊維が取り除かれているという点です。オレンジジュースの多くは基本的に搾汁されたものなので食物繊維の摂取は自ずと減少します。

胃腸の刺激

オレンジジュースに含まれている「クエン酸」はメリットもありますが、過剰摂取はデメリットにもない得ます。過剰摂取により、嘔吐や下痢などの胃腸障害を引き起こす可能性もあると言われていて注意が必要です。

オレンジジュースの4つのデメリット
  • 下痢、腹痛
  • 虫歯(糖質の過剰摂取)
  • 食物繊維が取り除かれている
  • 胃腸の刺激

まとめ

今回の記事では、オレンジジュースの効果についてポイントを絞って簡単解説してきました。

8つのメリットと4つのデメリットについても説明したことで、効果だけでなく注意点についても理解できたのではないかと思います。

様々な効果はあっても、決して飲みすぎないことですね。
どんな食べ物や飲み物でも過剰摂取には注意です。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
カゴメ
¥1,880(2021/12/02 14:44:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トロピカーナ
¥2,335(2021/12/02 23:49:17時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました