17年連続売上第1位のレトルトカレー、咖喱屋カレーをお昼ごはんにサクッと食べてみた!

管理人の日常
スポンサーリンク

お昼に、夜にと時間がない時、レトルトカレーは重宝しますよね。
だって温めるだけですもの。

レンジだと2分程度で料理が完成です。
カレーだけでお腹も満たされますし。

今回食べたのはハウス食品の咖喱屋カレー。
なんでも17年連続売上第1位のレトルトカレーだそうです。

さっきホームページ見たら19年連続売上第1位になってました。
すごい。

もう同じみですよね。
食べたことがある方も多いと思いますが解説していきます!

製造者

ハウス食品株式会社
東京本社
東京都千代田区紀尾井町6番3号

創業年月日
1913年11月11日

ハウス食品と言えば、ハウスバーモンドカレーが有名かと思います。
その他、フルーチェとかうまかっちゃん、とんがりコーンもハウス食品さんなんですよ。
超ロングセラー商品を多数取り揃えられています。

パッケージデザイン

この連続売上第1位って目立ちますよね。

アレンジ料理も色々と研究されています。

価格

スーパーでは1食分でおよそ100円程度で販売されています。

重さ

重量は箱込みで232g、袋の状態であれば212gとなっています。

原材料

野菜(じゃがいも、にんじん)、牛肉、小麦粉、牛脂豚脂混合油、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、カレーパウダー、トマトペースト、食塩、でんぷん、しょう油、香辛料、ガーリックペースト、みそ、オニオンパウダー、酵母エキス、ガーリックパウダー、ビーフ風味調味料、チキンブイヨン、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳酸Ca、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)、香辛料抽出物、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分(1人分:200g当たり)

エネルギー:167kcal
たんぱく質:4.7g
脂質:8.1g
炭水化物:18.9g
食塩相当量:3.0g

製品に含まれるアレルギー物質

開封、調理

開封、調理もレンジで温めるだけなので特にすることはないのですが。。笑

一応袋の裏側も写真撮っておきました。

調理方法はこの通りです。

完成。
盛り方をちょっと間違えました。
ご飯の面積が大きすぎました。

感想(レビュー)

近くで見るとスパイスなのか、旨味成分のような色をしてるのが確認できるかと思います。

お味の方は美味しいです。
何度も食べたことがある私的には、美味しいというかお馴染みの味という感じです。

カレーを嫌いな人って少ないと思いますし、誰でも食べれる味に仕上がっています。
こちらは辛口になっていますが、辛くはないです。

辛いのが苦手な方でも食べれる範囲の辛さです。
ラッキョウとかちょい足しして一緒に食べるともっと美味しくなりそうです。

あっという間にサクッと完食しました。

ひとり言

都内の神保町に美味しいカレー屋があるのすが、また行きたいなあと。
欧風カレー ボンディ 神保町本店。

2020年の食べログカレー100名店にも選ばれているお店です。
今がなかなか気軽に外食出来ない雰囲気ですが、も少し落ち着いたらね。

行った際はまた記事にします。

created by Rinker
カリー屋
¥321(2021/10/17 22:39:03時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました